風俗体験

懐かしの風俗体験

現在では法的にNGですよね?

みなさんは「ノーパン喫茶」という名前を聞いたことはありますか、現在では風俗の世界にはありとあらゆるほどの風俗の種類があり、その風俗で働いている女性の数も昔では考えられないくらいに膨れ上がっています。

 

現在では日本の文化として定着した「風俗」という言葉ですが、日本の風俗は「ノーパン喫茶」から始まったと言っても過言ではないでしょう。

 

ノーパン喫茶が現れるまで、男性に性的なサービスを提供していたのは、アンダーグラウンド的な性産業があっただけで現在の風俗店で見られるような明るさや、楽しい雰囲気はどこにもありませんでした、性的なサービスはほとんどすべてがいかがわしい違法なものだったのです。

 

そこにある日突然現れたのが「ノーパン喫茶」でした、当時の男性がどれほど驚いたかは、昼間からノーパン喫茶の前に並んだ行列が全国ニュースにのって放送されたことでも分かります。

 

ノーパン喫茶というのは、普通の喫茶店のウエートレスの女の子が、ただ下着を脱いでいただけではありません、女の子たちが飲み物を運ぶために歩く通路に、その上を歩く女の子を下から伝染してみることが出来るように、大きな鏡が敷き詰められていたのです。

 

ノーパン喫茶に入店して、ちょっと料金の高いコーヒーなどを注文すると、トレーに載せてノーパンのウエイトレスの女の子が席まで運んでくれると言うのがノーパン喫茶のウリでした。

 

女の子が飲み物を運んで鏡の上を歩くときに、通路の横の席の人は鏡を覗き込んで、ノーパンのお尻や太股を拝見することが出来ます、そういえばのパン喫茶の椅子は異常に低くなっていましたが、女の子のはいているミニスカートの奥がよく見えるように、体を低くして床に頭がくっついてしまっている人も珍しくありませんでした。

 

そんなノーパン喫茶に通う男性を見て、「男というものは女のスカートの中を見たがる生き物」なのだと感じた女性達は多かったでしょう、しかし実際にはそれほどノーパン喫茶の鏡はミニスカートの中を覗かせてはくれませんでした、見えそうで見えない、と言うのに弱い男性の心理をたくみにつかむためにワザと見えにくいようにしてあったのかも知れません。

 

ノーパン喫茶はそれまでの日本の風俗になかった、明るいイメージがあっという間に受け入れられて、日本全国どこに行ってもノーパン喫茶のないとことはないというまでに広がりました、しかし飽きられるのも異常に早かったのは、やはり女性のノーパン喫茶に反対する声が次第に大きくなったことを無関係ではないでしょう。

 

現在の風俗では、ノーパン喫茶というカテゴリーは非常に少ないシェアにとどまっていますが、ノーパンのウエイトレスが店内でサービスして、お客がそれを覗いて楽しむというスタイルは、「ノーパンしゃぶしゃぶ」や「ノーパン焼肉」などに姿を変化させながら生き残っているのです。

 

上野 風俗⇒現在はノーパン喫茶はありませんが、いろんな業種の風俗が探せます!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ